山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
働き者のロボット芝刈り機
2020-08-09
真夏の日差しを浴びながら、せっせと芝刈り。
放っておけば、芝が伸び、その管理も大変ですが、
お客様の楠わいなりーさんの芝生を芝刈りする、
働き者のロボット芝刈り機を見かけました。
 
ご覧の通り、楠わいなりーさんのショップへと
続くアプローチ脇にあるこの芝生。
とても手入れされているなぁと思っていましたが、
こんな働き者がいるとは思いませんでした。
 
全自動で芝刈りをし、夜動いても
気にならないほどの静音設計。
イメージはロボット掃除機と同じです。
 
感心したのは、日々芝を少しずつ刈っているので、
刈った芝をかたづける必要もなく、
そのまま土に還るとのこと。
ロボット芝刈り機。
楠わいなりーさんのスタッフの方に聞くと、
もし芝刈り機を持ち去ろうとすると、
けたたましいアラーム音がなるとのこと。
そんなこと、思ってもみませんでしたが、
なるほどなぁと思いました。
 
皆さんもワインを求めついでに、
楠わいなりーさんを訪れて、
働き者のロボット芝刈り機、
ひと目見ていただければと思います。
              宮川  浩
 
 
短い夏休み
2020-08-08
中学生になった息子が初めて1学期を終え、
今日、8月8日から夏休みとなりました。
 
そして、2学期開始が8月18日。
なんとも短い夏休み。
あっという間の夏休みとなることでしょう。
 
長野県は他県に比べても短い方だったので、
さらに短い今年の夏休み。
今年は仕方ないとも思いますが、
なんともかわいそうな感じです。
 
夏休みの最後の追い込みなんていう、
言葉すら聞こえてこない感じで、
始まったばかりなのに、すぐに
貴重な夏休みは終わってしまいそうです。
            宮川  浩
 
 
 
あたりまえのこと
2020-08-07
日々過ごす中で、
当たり前のことをすることが、
いかに大切であるかを実感します。
 
スタッフにも伝えていることですが、
このイラストのコップの絵を見せ、
次の説明を加えています。
 
当たり前のことをする。
簡単そうで実は非常に奥が深い言葉。
それは、皆環境も考え方も違うからである。
この仕事はこれぐらいやればいいという
基準が全員違うからである。
 
コップ1杯をある仕事の標準量と仮定した場合、
同じ仕事(容量)に対して、A,Bで量の感覚が違う。
 
Aはこの少しの量でも大満足。
Bはこの量でもまだまだ不満だとする。
ここにA,Bの仕事に対する
自己満足度があらわれているが、
 
Aはもちろん論外で、Bもまだまだ不満を危機感に
変化させないとダメである。
 
ここで理解しないといけないのは、
A,B共に標準未達成であること。
 
標準を知り、標準をいかにして超えるかが肝要で、
常に危機意識を持ち、これでいいか?これで充分か?と
自問自答し、自らの位置を把握することが必要である。
 
当たり前のこと = 必ずすべき事。
 
常に自分はまだまだ足りないという危機感覚を持ちながら、
その「 当たり前の標準 」を超えずして進歩はないと
伝えています。
 
そんな当たり前なことですが、
ちゃんと伝えることは何より難しいと思う私です。
                宮川  浩
 
レバノンでの大爆発
2020-08-06
今日は8月6日、広島に原爆が投下された日。
ジリジリと暑い日に、この原爆が投下されました。
 
すでに75年の時が経って、
それを知る人も少なくなり始めている今、
改めてその恐ろしさ、戦争の恐怖を
伝えていかなければならないと感じます。
 
今回のタイトルのレバノンでの大爆発。
監視カメラなどの映像が増えた今、
いくつか残されたものを見ると、
その圧倒的なパワーとその後の影響が
どれだけすごかったことが残された
映像から感じ取れます。
 
現地の報道では、その様子が広島、長崎の
原子爆弾のようだと表現されていましたが、
その爆風に広島や長崎では「 熱 」が加わっていました。
それは、それぞれの原爆資料館などで残された
資料を元に私自身が感じたもので、
比較などはしっかりできませんが、
このような恐ろしさが現実に発生したことに
驚きを隠せません。
 
75年前の暑い日に起きた広島での原爆投下。
それと重ねながら、安全とは何かを考えさせられます。
                 宮川  浩
 
 
 
トリアージ
2020-08-05
災害や大事故など、緊急を要する際に、
優先順位をつけることを言いますが、
先月、熊本県等で発生した令和2年7月豪雨の
被害発生時に、県の防災消防航空隊がヘリコプターで
救助する動画映像を見ることができました。
その様子は下記YouTubeで見れますが、
様々なことをその映像から考えさせられました。
 
2階屋根に避難した家族4人とワンちゃん。
そしてそこから一人ずつ避難させる。
どんな順番で救助させるか。
ご両親2人と中学生のお兄ちゃんと、
小学2年生の女の子の4人家族。
そしてワンちゃん。
周囲の濁流の様子を見ると
本当に怖かったと思うし、
頑張ったなぁと思います。
どのような順番で救出したかは、
動画をご覧ください。
 
この動画の中には、
その他の救出の様子も含まれています。
今ある命って何より大切なものなんだと
映像を見ながら感じるのと、
命を懸けて守ってくれる
多くのプロの方々に頭が下がります。
           宮川  浩
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651