山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
レバノンでの大爆発
2020-08-06
今日は8月6日、広島に原爆が投下された日。
ジリジリと暑い日に、この原爆が投下されました。
 
すでに75年の時が経って、
それを知る人も少なくなり始めている今、
改めてその恐ろしさ、戦争の恐怖を
伝えていかなければならないと感じます。
 
今回のタイトルのレバノンでの大爆発。
監視カメラなどの映像が増えた今、
いくつか残されたものを見ると、
その圧倒的なパワーとその後の影響が
どれだけすごかったことが残された
映像から感じ取れます。
 
現地の報道では、その様子が広島、長崎の
原子爆弾のようだと表現されていましたが、
その爆風に広島や長崎では「 熱 」が加わっていました。
それは、それぞれの原爆資料館などで残された
資料を元に私自身が感じたもので、
比較などはしっかりできませんが、
このような恐ろしさが現実に発生したことに
驚きを隠せません。
 
75年前の暑い日に起きた広島での原爆投下。
それと重ねながら、安全とは何かを考えさせられます。
                 宮川  浩
 
 
 
トリアージ
2020-08-05
災害や大事故など、緊急を要する際に、
優先順位をつけることを言いますが、
先月、熊本県等で発生した令和2年7月豪雨の
被害発生時に、県の防災消防航空隊がヘリコプターで
救助する動画映像を見ることができました。
その様子は下記YouTubeで見れますが、
様々なことをその映像から考えさせられました。
 
2階屋根に避難した家族4人とワンちゃん。
そしてそこから一人ずつ避難させる。
どんな順番で救助させるか。
ご両親2人と中学生のお兄ちゃんと、
小学2年生の女の子の4人家族。
そしてワンちゃん。
周囲の濁流の様子を見ると
本当に怖かったと思うし、
頑張ったなぁと思います。
どのような順番で救出したかは、
動画をご覧ください。
 
この動画の中には、
その他の救出の様子も含まれています。
今ある命って何より大切なものなんだと
映像を見ながら感じるのと、
命を懸けて守ってくれる
多くのプロの方々に頭が下がります。
           宮川  浩
 
 
さてこれはなんでしょう?
2020-08-04
これ欲しくてやっと手に入れたんだと、
友人から連絡をもらい、初めて現品を確認。
 
コンパクトながら、
ずっしりとした重厚感と新しい輝き。
嬉しそうにこれを見せてくれる様子は
こどもがおもちゃを見つめるそれと同じ。
 
さてこれはなんでしょう?
 
知っている人は少ないかも・・・・・
 
これは「 ポン菓子機 」
ここで「 ???? 」
「 懐かしい!! 」
分かれますが皆さんはいかがでしょうか?
 
写真ではちょっとサイズがわかりにくいですが、
だいぶコンパクトなポン菓子機。
全長は60センチ程度のものです。
 
このポン菓子機を使っていろんな人に
喜んでほしいと話す友人。
 
今回、加熱する為に使用する
LPガスで相談を受けました。
思い出してくれて私も嬉しいです。
 
ポン菓子機。 お米はもちろんのこと、
今ではいろんなお菓子をつくるのも
増えているそうで楽しみです。
 
ドーン!!と一気に出来上がるポン菓子。
もう何年も食べてないなぁ。
 
着々と準備を進める友人の嬉しそうな表情が
とても印象的でした。
友人もきっとしばらくしたら、
こどもたちから、ポン菓子のおじさんだ。と
言われるようになるでしょう。
             宮川  浩
 
 
 
梅雨があけて
2020-08-03
長い梅雨があけました。
周囲ではセミも鳴いています。
いつもだったらこどもたちも夏休みですが、
今年はこの状況ですので、
地域や学校によって夏休みもバラバラです
 
こどもたちが登校している姿を見ると、
8月なのにと思ってしまいます。
 
これまでのCOVID-19による影響を
この夏休み短縮で吸収できるのかと思うと
本当に大変だと思います。
 
この誰もが経験したことのない状況に
どう対応していけばいいのか。
多くの大人たちも混乱している中、
こどもは混乱していても、
その気持ちの表現すらわからないかもしれません。
 
互いに気を配りあいながら
この状況を乗り越えていく。
本当に簡単なことではありませんが、
優しい気持ちで乗り越えていかなければと思います。
              宮川  浩
 
 
 
 
COVID-19感染防止対策
2020-08-02
緊急時短宣言が終わり、少しずつ感染者も減少し、
このまま減っていけばいいなぁと思っていましたが、
ご存じの通り、全国で感染者過去最多という数字を
更新するなど、その楽観的な思いは吹き飛ばされた
感じです。
 
当社でも、明日から時差出勤等を再度採り入れ、
スタッフ同士の接触回数を減らす工夫をするなどして、
感染拡大防止に注力していきたいと思います。
 
この取り組みも、今後いつまで、どんな方法で
継続していくかは、まだ先が見えませんが、
ただ怯えているだけでなく、感染防止対策を
進めていきたいと思います。
 
この対策が不要になるのが、いつになるかが
見えないことが不安ですが、進めなければ
ならない現実が正直悔しい思いです。
             宮川   浩
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651