山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
梅雨を伝える夏椿
2020-06-19
今はちょうど梅雨の時期
 
緑が鮮やかで、とても美しい時期です。
田中本家博物館を訪れ、その後田中当主様より
写真をいただきました。
それがこの庭園内の沙羅の木、夏椿です。
 
当主は、
「 この夏椿は梅雨入りと梅雨明けを教えてくれる 」と仰り、
池に落ちる夏椿の花も大変風情あるものでした。
 
季節ごとに花や樹々は咲き、
一生懸命に生きています。
そんなひたむきな姿に心が癒されるようです。
それに比べて私たち人間はウイルスに翻弄され、
大変な状況になっています。
 
周囲の状況がいくら変化しても、
その場所でずっと生き続けている樹々には
強いパワーがあると感じました。
今、ちょうど見ごろです。
          宮川  浩
 
 
あれはなんだ??
2020-06-18
仙台市上空で昨日目撃された飛行物体。
 
仙台市天文台のインスタグラムからの画像です。
自衛隊、気象台、宮城県、仙台市なども
この物体がなんなのか、わからない。
 
まさに未確認飛行物体(UFO)。
どこかに行ってしまったようですが、
多くの人から目撃されるほどなので、
かなりのサイズだろうし、
どこから来たのか気になりますが、
ラジオゾンデという気象観測に使う装置という
見立てが多いですが、これ、うちのものですと
名乗りでるところもないのも不思議。
 
ちっちゃな宇宙人が乗っていたのかなぁ
           宮川  浩
 
 
 
 
 
有料配信の試み
2020-06-17
COVID-19の影響により、
音楽、芸能業界は大変なことになっています。
 
大勢の人が集まるライブなどは軒並み中止。
以前このブログでも取り上げたオーケストラの
演奏家の方々も大変な状況であるようです。
 
それだけ一つの場所に集まり、
その魅力あるものを見たい人がいるけれども、
COVID-19はそれを容易に許さないので、
しばらく人が集まっての開催は難しいのが現実です。
 
そのような状況下で有料配信による試みが
されていることが増えてきました。
 
無観客の会場で映像を通して配信して
収益を上げるビジネスモデル。
このような試みで今後この厳しい状況を
乗り越えていけるのでしょうか。
 
多くの人が集まることで高まる独特の雰囲気は
得られませんが、しばらくこの方法が
エンターテインメントの一つの重要な
カギになると感じます。
そしてさらに直接聴くといったライブが
今後はもっと貴重になると思います。
 
あらゆる方法の中から最善の方法が
見つけ出されていく。
チャンスはいろんなところにあるのだと感じ、
そのような取り組みで生き延びてほしいと思います。
               宮川  浩
 
真の幸せや安心てなんだろう
2020-06-16
COVID-19により、多くの生活スタイルが
大きく変化しました。
 
これまで経験したことのない状況に
右往左往し、そこから新たな動きが始まっていることは
皆実感していることだと思います。
 
そんな中、真の安心とはなんだろうと
ふと思うと、皆心配することはそれぞれ違い、
そして安心も違うということを実感します。
 
心配事などなく、いつも幸せならいいですが、
誰もが何かしら不安などを抱えています。
そんな時に、ふとしたきっかけで
幸せを感じたり、安心したりすることがあるように、
その幸せや安心への感度を高めることが
何より近づく第一歩かと思います。
 
ちょっとしたことに喜べる。
いいこと報告にもつながるいいこと探し。
何よりそれが今求められる能力だと感じます。
            宮川  浩
 
 
 
実在しない人
2020-06-15
企業の広告などでイメージキャラクターが
重要なポイントにもなりますが、
すぐ思い浮かぶのが、芸能人や有名人。
 
そんな人たちが使っているものなら自分も。とか、
それによって売り上げにも影響し、
企業業績が急上昇なんてこともイメージできます。
 
しかし、その逆のスキャンダルによる
ダメージリスクがある中で、
AI(人工知能)による架空のモデルの画像作成で
そのダメージリスクを回避するという
ビジネスモデルがあることを知りました。
その名もINAI MODEL
 
AIが作成するので、実在しない。
スキャンダルは発生しない。
このサービスに
京都大学発のAIベンチャー企業が
協力して開発したそうです。
 
その企業のホームページ等を見れば大方の
様子はわかりますが、この画像を見た時に
私は、マイケルジャクソンのPV、
「 Black or White 」
映像を思い出しました。
 
まさに今ちょうど世界で問題提起されている
人種差別に対して当時多くの話題となったPVです。
そのPVの中にある映像技術のモーフィング。
顔がどんどんと変化していく映像技術です。
当時、この映像を見た時に強烈なインパクトが
あったことを思い出します。
それぐらいに最先端の技術だったわけです。
この曲のリリースが1991年。
もう29年も前のものです。
あらためてマイケルジャクソンすごいなぁと感じます。
この映像もほとんどがCGによるもので、実在しない人ばかり。
 
時を経て、こんな形でビジネスモデルに
なっていることを思うと、世の中はいろんな
チャンスがあるなぁと実感します。
話の最初に戻りますが、INAI MODEL。
これから映像でみるものはほとんどが
実在しないものばかり・・・になるのかと
実感しましたが、その逆でリアルであることも
これまで以上に重要になると感じました。
AI技術の進歩で世界は大きく変化することを
再認識しました。
              宮川  浩
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651