山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
Bonsai
2020-06-09
本社のある須坂市に
4代続く盆栽店があります。
 
その名も「 松山園(しょうざんえん) 」さん。
園主山本千城子さんとは、
須坂まちゼミを通して知り合うことになりました。
 
山本さんとお話をするといつも
いろんなことを教えていただけます。
第1回の須坂まちゼミでは、
「 種から作れる盆栽 」という講座。
植物に対する熱い思いは本当に圧倒されます。
山本さんに先日お話をお聴きした時に、
庭などに生えた小さな芽を出した木を
掘り起こすところから始めて、
その木を鉢に植え替えて育てる。
そしてこの木はどう育っていくのかを
想像しながら育てていくと楽しいよと教えていただきました。
 
山本さんのようなプロでも失敗も沢山あって、
今度はちゃんと育てようと思われるそう。
プロでも沢山の失敗を経て現在があるんだよと
そうすんなりと話す言葉は素人が失敗しても
次は頑張ろうと思えて心強いもの。
 
写真にある盆栽は松山園(しょうざんえん)さんの
サイトから引用しました。
細かく柔らかい枝がたくさん出ています。
針金で仕立てる盆栽とはまったくの別物。
 
その特徴は細かくたくさん生えた根。
「そういった根を育てるためには、
小さな鉢と細かな土で育ててあげることなのです。
そして根張りをしっかりと造ることで、
その後の応用にも耐える元気で将来楽しみな盆栽となります。」
 
小さな頃に沢山の根をしっかりと育てる。
盆栽というくくりでなく、
全てに通じているものだと感じました。
 
Bonsaiは世界でも注目の的。
山本さんには、イギリス国営放送BBCや
アメリカのビジネスインサイダーなどからも
取材にくるほど。
 
そんな世界からも注目を浴びる人が
間近にいるなんてとても嬉しいものです。
 
まだまだ話すネタは尽きませんが、
今日はこのくらいで。
          宮川  浩
 
 
 
ファインダー越しに見える光景
2020-06-08
先日、横田めぐみさんの父、横田滋さんが
ご逝去されたことを取り上げました。
 
その際、北朝鮮から5人の拉致被害者が帰国した
時のことを書きましたが、実際に横田さんは羽田空港に
出迎えにいかれて、さらには記録係もされていたと
いうことを知りました。
 
自分の娘がまだ戻らない状況にあるにも関わらず、
帰国して喜びにあふれるご家族の皆さまの
姿をファインダー越しに見ている時の
お気持ちはどんなだったのだろうと、
あらためて胸が強く締め付けられました。
 
この写真は2002年の時のもの。
カメラを抱える横田さん。
誰よりも間近に、そして再会の喜びを
横田さんは見られていたと思うと、
その胸中はさぞかし複雑だったと思います。
めぐみさんに会いたい。
ただそれだけなのに、それもできない。
この一枚の写真を見るだけで、
ひしひしと伝わるものを感じました。
           宮川  浩
 
父の笑顔
2020-06-07
久しぶりに父の笑顔を見ることができました。
 
病院からスタッフの方に連れてきてもらい、
屋外のテラスでとても生き生きと
元気そうにお茶を飲む父。
久しぶりに見る父の姿は
とても若々しいものでした。
 
父と会ったのは夢の中。
夢の中で、元気そうな父を見て
こちらも嬉しくなりました。
 
COVID-19のせいで、
病院等で数ヶ月面会ができないという
話をよく聞きます。
会うことが難しい今、
より会うことが有り難く感じます。
 
私は夢の中でしたが、それだけでも
嬉しくなりました。
直接お会いできる方は、その再会を楽しみに
していただければと思います。
私は写真に手を合わせます。
            宮川  浩
 
 
横田滋さんご逝去
2020-06-06
自分の可愛い娘が連れ去られたら、
そのとき親はどうしたらいいのか。
 
失踪から43年。
当時13歳だった横田めぐみさんは今、56歳。
再会を何より願っていた横田めぐみさんの父、
滋さんがご逝去されました。
 
このご逝去の報を知った時、
ここ最近、横田さんのお名前を聞いていなかったと
感じながら、日々再びめぐみさんに
会うことを願っておられたことを思うと、
その無念さに言葉がありません。
 
小泉元首相の電撃訪朝からすでに18年。
飛行機のタラップから降りてくる
拉致被害者の帰国のシーンの映像を
横田さんも見たことでしょう。
あれからは、何も変わらず、
ただ時が過ぎていくばかり。
奥様の早紀江さんの寂しさを思うと、
その悔しさはより増して、拉致問題の
解決が一日でも早く実現するのを願うばかりです。
 
ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。
          宮川  浩
 
 
 
肌色
2020-06-05
アメリカで軍をも出動させるほどに
発展してしまっている、警察官による暴行。
 
その暴行事件によって、
アメリカでは人種差別に対して大きな
動きが沸き起こっています。
 
とらえ方によって違っている方も
いるかもしれませんが、
黒人に対しての差別に多くの人が
平和的な訴えをしているにも関わらず、
強硬的な方法で抑えようとしていることが
見え見えです。
 
肌の色。
私の世代では、クレヨンに肌色がありました。
今では、肌色という色は何???と
肌色ってないようです。
そんな風に、刷り込まれてきた
色の感覚やその差別で傷ついている人が多くいる。
 
根深く、そして今後無視できない大問題です。
暴行、略奪など許されない行為で
心まで傷ついてしまいそうです。
          宮川  浩
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651