山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
雷の威力
2020-05-30
本社のある須坂市にある県立須坂東高校。
 
そのシンボルツリーである、
「 ヒマラヤスギ 」
先日落雷があり、見ての通り、
木っ端みじん・・・・
 
分散登校だったのが幸いし、
けが人もなくそれが何より。
 
しかしこの雷の威力はすさまじいものです。
私も昨年、この高校へ訪れた時に、
あぁなんて立派な木なんだろう。
 
こんな大きな木。剪定大変だなぁと
思っていたのです。
 
そこにこの画像のような状況。
怖いものです。
 
雷がゴロゴロと鳴りだし、
どっかーんと、どこかで落ちたなぁと
その時にも思いましたが、こんなにひどいとは。
地震、雷、火事、・・・といいますが、
本当に雷も恐ろしいものです。
 
雷がなったら、電化製品のコンセントの
プラグを抜かないといけないといいますが、
いつもその行動に移り損ねてしまいがち。
被害に遭わないためにももう少し自覚を
持たないといけないと思った映像でした。
            宮川  浩
 
6月からの始動に向けて
2020-05-29
弊社ではこれまで
COVID-19感染拡大防止の為に、
社内での時差出勤の採用、休憩や昼食場所の分散、
朝礼の中止、不要不急のお客様への訪問の自粛などを
4月より行ってきましたが、この5月末日で一旦解除し
これまで同様の業務に戻すようにしました。
 
周囲の状況が刻々と変化している中で、
社員並びにお客様の安全を第一優先に考慮しながら、
お客様へのサービス向上に向けて邁進したいと思います。
 
昨日のブログにも書きましたが、
感染することは誰にでも起こり得ること。
でも、感染者第1号になりたくないというのは本音です。
ここまでの経験を元に、マスク着用、手洗いの励行、
三密回避への配慮がやはり有効であると思います。
 
多くの人が6月から始動します。
今まで以上の配慮と徹底した感染防止対策。
それが何より皆が幸せになる第一歩だと感じます。
 
これまで以上に皆さまのお役に立てるように
しっかりと感染予防に努めながら
スタッフ一同行動していきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。
 
            宮川  浩
 
感染者第1号になるということ
2020-05-28
COVID-19に多くの方々が感染し、
大変な思いをされている方がいらっしゃいます。
 
この状況の中でも、
岩手県では感染者が本日現在ゼロ。
すごいことです。
 
そんな状況の中で、岩手県知事より、
「 第1号になっても県はその人を責めません 」
という発信がされています。
「感染者は出ていいので、コロナかもと思ったら相談してほしい。
陽性は悪ではない」とも発信しています。
ここまでゼロですから、
その緊張度は半端ないのではと思います。
 
今まで感染者が出ていないエリアでは、
この第1号のプレッシャーがこれまで以上に
すごいことになるのでは?と思っています。
 
事実私も、第1号になってしまったら・・・・と
そればかりが不安で、
会社や家族に迷惑をかけてしまうことが
脳裏をかすめます。
 
しかし緊急事態宣言の解除もされ、
動き出し始めました。
感染拡大防止に関する知識も増えてきました。
その対策をしっかりとすることによって
動きだせることも皆がわかってきました。
 
誰もが感染者になる可能性は否定できない為、
第1号になってしまった人を責めず、
優しくお見舞いの言葉をかけれるような
雰囲気をつくっていかなければならないと思っています。
 
今は誰かが先に動き始める様子を伺っています。
先頭を切って、飲みに出かけて宴会をしていたら、
きっと批判する人も多いことでしょう。
 
誰もが1番先にやると批判を受けやすいので、
躊躇してしまいます。
感染防止対策をして活動を始める。
もし、かかってしまっても、その人を責めない。
お互い支えながら乗り越えていかないと
この闘いはいつまでも終わらない、そんな気がします。
               宮川  浩
 
 

 

 
言葉の力
2020-05-27
私は毎日このブログを書き続けています。
キーボードを打つ度に、
何も考えずに打つことはなく、
人が不快に思わないように
私見を述べたりしています。
当然、自分の名前を出していますし、
社長ブログということで尚更です。
 
しかし、匿名でのSNSでの
誹謗中傷の問題が取りざたされています。
 
言葉は人を癒し、慰め、そして感動させる。
そんな力を持っていて勇気づけられたりします。
 
変わってその言葉がひとたび人を傷つけ、
罵り、相手を追い詰める。
そんな力も言葉は持っています。
 
今、様々な言葉が飛び交う中、
個人に対して誹謗中傷を浴びせることが
簡単になっています。
 
様々な場面で匿名でないと、
意見がでないこともあるでしょう。
しかし、その特性だけを利用して、
自分の素性も明らかにせずに相手を追い詰める。
許されるものではありません。
何を言ってもいい。
言ったもの勝ちの無法地帯です。
 
あらためて人の命をも奪う言葉の力に
対して早急な対応が必要と感じます。
           宮川  浩
 
流れに逆らわない
2020-05-26
COVID-19の脅威に人々の不安は増し、
いつになったら
その不安が解消され、安心を取り戻せるのか。
そんな先の不安を思った時、
以前私が書いたブログを思い出しました。
 
タイトルは「 流れに逆らわない 」
先の事が心配で
不安になることがありますね。
そんな時こそ、そのまま流れに身をまかせ、
逆らわずにいることがいいと思います。
 
不安に溺れず、流されている時に
周囲の状況や自分自身をしっかりと
見れることがいいのだと思います。
 
自分にはどうすることもできない。
しかし、どうにかしたい。
もがけばもがくほど、溺れてしまう。
そんな時こそ、リラックスして身を委ねる。
一瞬でも笑顔になれるときをつくりましょう。
            宮川  浩
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651