山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
http://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

STOP!ヒートショック

 

ヒートショックとは?

ヒートショックとは?
 
STOP!ヒートショック
 
山久プロパン
 
ヒートショック
悲しむ方を一人でも
少なくするように
様々な知識や情報を
お伝えしたい思いから
このページを新設します。
 
順次増やしていきたいと思います。
             
 
ヒートショックとは?
急激な温度の変化で身体に大きな影響を
及ぼすことを言い、特に血圧の上下動の変化で
様々なダメージが身体を襲います。
 
例えば、
寒くなると血管が収縮し、
   血圧が上昇します。
 
そして暖かなお風呂に入ると、
血管が拡張して、
   血圧が下降します。
 
その大きな変化を身体が受けると
脳疾患、心筋梗塞などが発生するリスクが増えます。
 
そのリスクを少しでも減らすことが重要で、
予防の為にまずは知ることから始めましょう。
 
急激な血圧の変化とは?
よくお風呂は暖かくなるから暖房なんていらないよ~。と言われます。
しかし、左図の様に身体には負担がかかっているのです。
 
たとえあなたは大丈夫でも大切なご家族のことをイメージしてみてください。
 
浴室暖房を設置したお客様に以前
「こういうのを探していたんだよ!」と感謝されたことがあります。
そのお客様はお風呂に入る際に
石油のファンヒーターを2台洗面所に用意して温風を出して
浴室を暖めていましたが、当然シャワーをかけている間
石油ファンヒーターをつけておくわけにいかず・・・。
お風呂に入ることのできない少しお身体が不自由な親御さんは
シャワーを浴びるのですが、身体は冷える一方だったようです。
寒い冬にシャワーだけってきつかったと思います。
そんな親御さんもとても喜んでくれたのが、
浴室と脱衣室に設置した暖房でした。

 
 
全国で一番寒い寝室で朝を迎えるのは何県?
 
ウェザーニュース社という気象情報会社の
2014年2月の資料からの抜粋です。
 
それがなんと「 長野県!! 」
この記事内の全国地図にもありますが、
長野県が青いのです。
 
逆に暖かい指標である赤い場所は
北海道や青森県。
寒さ対策がされているという証ですね。
 
この記事を見ながら、
暖房を使う寒い「 今この時 」
しっかりと認識し、こういった資料をきっかけに
お客様へも伝えていくことは大変重要なことだと
感じました。
 
最近特にお伝えしている「 ヒートショック 」 
寒い朝には血圧も上昇し、身体によい訳はありません。
寒さ対策をお勧めすることが、エネルギーを扱う企業として
お客様の為に提案しなければという使命を感じます。
 
           
 
ヒートショックと言うと、
 
急激な血圧の上下動による
身体への影響のことをいいますが、
 
言葉は聞いていてもなんとも実感が
湧かないのが本音のことと思います。 
 
夏の時期よりもやはりその影響が大きいのが
「 冬 」  
 
是非とも自宅の中でも
 脱衣室トイレ寝室 の3ヶ所が
まずは何℃なのかを知っていただくことが
大事かと思います。
 
推奨は「 18℃ 」とも言われています。
 
18℃にする為にどんな方法をとれば?
 
暖房をガンガンと効かして温度を上げる。
・・・燃料代のことを考えると気が引けますね。
断熱工事をして無駄を省く。
・・・工事代が気になりますね。
 
しかしいくら寒さを我慢しても身体は悲鳴をあげています。
倒れてしまう前に・・倒れてからでは遅いのです。
 
寒いスキー場に行くのに、防寒具を着ます。
それは寒さが我慢できないから、
寒さに対して事前に準備をしていますね。
 
お風呂に入る時、服を脱いで裸になります。
暖かいお湯に浸かってしまえばいいと思いがちですが、
それが危険なのです。 温度変化が急激すぎるのです。
事前に準備ができていませんね。
 
まずは18℃をどの方法で目指すのかを
考えるだけでも大きな一歩かと思います。
 
 
 
英国保健省の高齢者向け
  健康キャンペーンでは
 
 
居間の室温は 21℃
 
寝室の室温は 18℃と勧めています。
 
寒さからの高齢者の健康への影響を訴えていますね。
 
 
LPガスの業界紙、
プロパンブタンニュースの
平成30年3月19日号に弊社社長宮川の
記事が取り上げられました。
 
「 ヒートショックを撲滅 」という見出しと
共に当社本年度のキーワード「 時短 」が
掲載されていたりとしていますが、
やはり一番は・・・・・・
「 STOP!ヒートショック 」
 
これからどんどんと暖かくなるにも係わらず、
自社ホームページ内に専用ページを設け、
どんどんと周知をしていきたい山久プロパン。
是非とも応援宜しくお願いいたします。
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651