山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
https://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
明日から中野バラまつり
2016-05-27
明日から中野でバラまつりが始まります。
 
この時季を楽しみにされている方も多く
丁寧に手入れされたバラたちは
多くの来場者を迎える準備ができているようです。
 
今年は5月に入ってから暑い日が続き、
バラの開花も例年より早いようですが、
今週末は特に見頃ではないかと思います。
 
いつも思うのですが、植物たちはカレンダーも
見ないで多少のズレはありますが、
ちゃんと季節を知っていることに感心します。
美しいバラたちを見に中野におでかけください。 
              宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
あて所に尋ねあたりません
2016-05-26
 私は小学校の同窓会の幹事をしています。
そんな関係で数年に1度開催する同窓会の為に
案内を発送するのですが、いつも必ず
「 あて所に尋ねあたりません 」で数通戻ってきます。
 
引っ越しをしたりして住所が変わっているので
往復はがきの往信にこの文面のスタンプが押され、
それぞれのクラス幹事に戻ってくるのですが、
それからまた調査が始まるのですが、
どうしてもわからない場合が多いです。
 
前回開催が2013年だったのですが、
あれから3年。
みんなそれぞれの人生を歩み、
一生懸命頑張っていることと思いますが、
久しぶりに同窓生たちの顔を見れることを
楽しみに新たなあて所を聞きだして
再差出をしたいと思います。
 
こんな風にはがきが戻ってきた場合には、
この押されたスタンプを二重線で消し、
新たに切手を貼って、新たな住所と
「 再差出 」という文字を書いて
投函すればそのはがきは使えます。
今度は戻ってこないように祈りながら
投函したいと思っています。
          宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
いよいよサミット
2016-05-25
明日からいよいよ8年ぶりのサミットが
三重県志摩市で開催されます。
 
過去最大の警備体制を擁し、
各国首脳をお迎えすることになります。
 
今回のサミットでは「 賢 島 」にある
ホテルを舞台に2日間開催されるのですが、
首脳を受入れするホテル関係者の方々の
心境は想像を絶するものだと思います。
 
警備はもちろんのことですが、
料理、飲み物、接客、宿泊の設備など。
今できる最高のサービスでおもてなしを
するようになりますが、国を挙げての
おもてなしに注目が集まります。
 
各国首脳が集まれば世界中から
注目され、この場所に訪れてみたいという人も
増えることでしょう。
とにもかくにも成功の最重要課題は
テロなどが発生しないこと。
それに尽きると思います。
無事に何事もなく和やかなムードの中で
終わってくれることを願うばかりです。
          宮川  浩
 
 
 
 
 
が > で
2016-05-24
テレビのコメンテーターとして出演も多い
明治大学教授、齋藤 孝氏の著書
「 余計なひと言 」を手にしました。
 
これまでにもいろんな言葉の話をとりあげて
いますが、ついうっかり喋ってしまい
命取りになることって周囲には沢山あります。
喋った本人は気付かず、相手は傷ついたり、
引かれちゃったりする。
できればそんな言葉は発したくないですよね。
 
さらに無意識に発している言葉をちょっと
一文字変えるだけで全然意味が変わる。
そんなわかり易い言葉が 著書の中にありました。
 
それが 「 が 」「 で 」の話。
 
著書から抜粋・・ある日の会話
 
妻「 結婚記念日を覚えてくれてたのね 」
夫「 もちろん、一番大切な日だからね 」
妻「 あなたの好きなもので、料理をつくるわ。何がいい? 」
夫「 グラタンでいいよ 」    ・・以上抜粋
 
何?? なんか変??と思う人もいるかもしれません。
夫の最後の言葉。 
「 グラタンいいよ 」が「 グラタンいいよ。」
一文字で妻の立場からしたら全然違いますよね。
 
たった一文字でこんなに違うのに、言ってる本人は
そんなに意識しないで言葉を発してるかもしれません。
 
夫にすれば何てことない「 で 」ですが、
「 が 」になれば妻はやり甲斐がでることでしょう。
 
そんな風に無意識に相手のやる気をなくす一言が
あることを自覚するだけでもちょっと何かが変わると感じます。
 
「 あなたいい 」「 あないい 」
 
これまた全然違いますね。      宮川  浩  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
未知との遭遇
2016-05-23
時代は変わるもの。
 
今はロボットも買える時代。
背丈もほぼ同じの小学生には
この状況になんの不思議も
感じることもないでしょう。
 
人工知能を搭載し、顔認証までする。
これまでできなかったことを
技術が進んでいくにつれて
不可能が可能になっていくのを感じます。
店頭などでの接客。
介護施設などでの高齢者とのお話相手。
それが現実になってきている中で、
 
 ロボットが「できること」「できないこと」
これからの社会の中で一つの境界線に
なるのだと思います。
 
ロボットにできることはロボットに。
人間しかできないことは人間がする。
当たり前ですが、人間の居場所は少しずつ
減ってくるのが現実のようです。
 
未知との遭遇。
新しいものに触れ、
そこでまた新たな発見と進歩がある。
そのスピードに置いていかれないように
しなければならないと感じるひと時でした。
          宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651