山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
https://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
10年目の3.12
2021-03-12
東日本大震災から10年。
 
長野県では長野県北部地震が
長野県北部にある栄村付近を震源地に
その翌日3月12日未明に発生しました。
 
当時私たちLPガス業界の団体である、
長野県エルピーガス協会の高水支部という
団体の支部長を私が務めていたことで、
この災害対応の陣頭指揮をとる立場となりました。
こんな大きな地震対応は初めてのことであり、
すべてが手探りの状態でした。
 
この高水支部は、栄村を含む、
北から飯山市、木島平村、野沢温泉村、
中野市、山ノ内町の6市町村をエリアに持つ
LPガスの業界団体で、同業のメンバーと共に
復旧活動にあたる為に急遽準備をすすめ、
行政の方々との連携や打ち合わせなどを
混乱した状況の中でおこないました。
 
あらゆることが初めて。
そして避難指示を受けて全村民が避難している中で
次の一手を打つ為に打ち合わせをする。
 
明確な答えなどどこにもない中から、
判断をしていく難しさと
その状況下で指揮するプレッシャーを
同時に感じたことを今でも思い出します。
 
幸いにしてガス事故もなく、
復旧に向けてメンバー同士で
一致団結して協力し合えたことが
完了後何より嬉しかったことを懐かしく感じる
ようにもなりましたが、
二度と地震が発生しないことを願うばかりです。
 
でもいつ起きるかわからない災害。
改めて10年という節目で
身の引き締まる思いを感じます。
                宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こころの痛みを想像できるか
2021-03-11
2011/3/11
 
この日を境に大きく人生が変わり、
そして深い悲しみを受容しなければならない。
そんな無情な現実を突きつけられた人が
どれだけいるか想像できるでしょうか。
きっとその想像する中身は皆違うと思います。
 
大切な家族を亡くされたり、
そして未だ行方不明の方々も
多くいらっしゃる状況の中で、
人は一人で生きていけるのだろうか。
人の支え、こころの支えがなければ生きていけない。
私はそう感じます。
 
こころの痛み。
誰にもあることでしょう。
普段、何も不安が無さそうなあの人も、
実は大きな不安を抱えている。
そう、見た目ではわからないのです。
 
こころの痛み。
大切な人を失った悲しみ。
深い悲しみをどう乗り越えるのか。
その悲しみを感じなければいけない理由は
生きているからだと思います。
 
生きていることさえ切ない。
そう思った時に、
大切な人が生きてくれていたらと
思うように、自分自身も他人から
生きていてほしいと
思われていると思うことが何より支えに
なるのではと感じます。
 
自分以外のこころの痛みを想像することで、
自分だけでなく、人の気持ちを考えることができる。
それが人を支え、そして人に役に立つと感じます。
10年が経った今、「 いのち 」の有難さについて
もう一度考えてみる大切な日であると感じます。
             宮川  浩
 
 
 
 
 
明日で10年
2021-03-10
東日本大震災から明日で10年となり、
あらためて月日が経つことの重みを感じます。
 
被災地に訪れる際に同じ場所を訪れると
どんどんと復興が進み、景色が変わるのを
目の当たりにしてみると、そこで実際に
被害があったことさえわからなくなってしまうように、
その現実を忘れることのないように
機会あるごとに思いだすことが必要だと感じました。
 
でも、実際にその場にいた方々にとっては
その事実を忘れるくらいに変化した方が
気持ちが落ち着くのか・・・・
 
なんとも複雑な感覚です。
          宮川  浩
 
3月9日といえば
2021-03-09
今日は3月9日。
タイトルの通り、ここ数年この日で思い出すように
私もなりましたが。
レミオロメンの「 3月9日 」の楽曲を思い出します。
 
曲の話は以前のブログにも取り上げたこともありますが、
あらためて、「 〇〇といえば ・・・・」
インパクトがどれだけ凄いものかを実感します。
 
きっと3月9日の曲を書き上げた時。
「 〇〇といえば・・・・」なんて考えなかったでしょう。
でも、書きながらこれは!!と手ごたえを感じたかも
しれませんが、大概はそうでないと思います。
でも「 3月9日といえば 」
私でさえイメージできることって
圧倒的にその印象が残っているのです。
 
そんな時に自分の名前に置き換えてみます。
「 宮川 浩といえば・・・・ 」
あ~、宮川ね~。 ・・・・・
そう、それぞれ皆印象が違います。
 
でもそんな時に、自分を思い出させる印象があるか。
考えてみると、とても重要なことに
気づくのでなないかと思います。
 
瞳を閉じればあなたが
まぶたのうらにいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい
 
3月9日の歌詞にあるように、
瞳を閉じたら誰かを思い出せるような印象。
人はそれぞれ皆違うし、好みも違う。
でも、人に印象に残ることがどれだけ大切なのかを
この歌詞を見ながら感じました。
             宮川  浩
 
 
 
 
無観客試合だけれども
2021-03-08
スキーが好きな私。
 
この日曜日に新潟県の苗場スキー場を会場に
全日本スキー技術選手権大会の決勝が行われました。
私も現地に観戦に、、、と言いたいところですが、
今年はCOVID-19対策で無観客対応。
 
TV画面で放映される画面越しに応援をしました。
昨年はCOVID-19の影響で中止。
2年ぶりに開催される大会には全国からの
精鋭たちが集い、技を競い合ったのです。
 
画面越しにもその白熱する闘いぶりには
息をのむばかり。そして多くの感動がありました。
人を感動させることって素敵なことだと
あらためて思いました。
               宮川  浩
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651