山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
https://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
聞くと聞く
2020-08-22
タイトルの「 聞く 」と「 聞く 」
日本語の勉強みたいですが、
ここ最近いろんな話をしている中で、
この2つの「 聞く 」が大切だと感じています。
 
それは、
Listen、Hear の「聞く」と、
Ask,Question の「聞く」の2つ。
 
毎日いろんな事がおきます。
その時にどうすればいいか、判断が必要です。
判断をする時に、これまでの経験を元に
皆それぞれが判断をします。
 
判断をしようと思っても、わからないことや
迷うことがあります。
そんな時の、「 聞く(Ask) 」
とても少ないと感じています。
 
今はいろんな調べるものが沢山あります。
スマホやパソコンで調べたら山のように
出てきます。 でも、そこで沢山のヒントが
あるけれど、これ!!というものを判断するのは
悩んでいる自分本人です。
そこに出ているものは、本当はどうだろう?とも
疑うこともなく、それが答えだと確信します。
 
でも、その方法でもわからないことは沢山あります。
そこで、わかりそうな人に「 聞く(Ask) 」に行動を移せば
いいですが、それがほとんどなくなっている気がします。
 
餅は餅屋。いわゆるその道のプロは、
問題解決などに最短で的確な答えを導きだしてくれます。
スマホなどもAI技術が発達して一通りの答えは導きだせますが、
答えが複数あったりする場合や、複雑な人間関係などの
場合の悩みはどうでしょう。 難しそうですね。
 
三密回避などでどうしても、
直接聞くというコミュニケーションが減ってきます。
 
なんでもスマホで調べる時代。
特に「 聞く(Ask) 」が少なくなった今だからこそ、
自分が「 聞かれる 」ように
意識をすることも重要だと感じています。
 
周囲にいる、この時はこの人に聞けば安心!と
いう人がいたら、とても心強いですからね。
               宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信号待ちの牛
2020-08-21
真夏の日差しが照りつける中、
信号待ちしている時、
横を見ると大きな牛。
 
最初は全然わからなかったのですが、
二度見してやっとわかりました。
本当に大きな牛。
すぐ隣にある車のサイズを見ても、
その大きさがわかります。
 
でも、この牛。どこかで見たような・・・
少し経ってから、
中野市で閉店となった施設にあった
牛だと思い出しました。
 
その施設は建物も解体となってしまいましたが、
この牛はこのように交差点で
信号待ちをしている様子。
誰かが引き取ってくれたのだと
思いますが、その時の決断に感心する私でした。
実物を見ればきっとそう思うと思います。
信号待ちの牛は、
国道18号線、豊野町大倉の交差点にいます。
             宮川  浩
 
 
 
 
 
史上最年少で二冠
2020-08-20
将棋界で偉業が達成されました。
 
まだ高校生で若干18歳の藤井聡太棋士。
勝利を収めた後のインタビューは
もう風格が漂っています。
 
史上最年少で2冠を達成、そして8段昇格。
羽生九段が二冠達成記録を作ってから、
28年ぶりの更新となり、将棋界では
激震が走っていることでしょう。
 
ここ最近、こういった喜ばしいニュースは
なかった感じがしますので、
とても嬉しく思います。
            宮川  浩
 
 
 
不要不急・・・
2020-08-19
COVID-19により、
不要不急という言葉が
頻繁に使われています。
 
なくてもいい。 急がなくていい。
 
その二つを合わせた言葉です。
さぁ、この不要不急に合わせると、
なんでも中止、なんでも先延ばしになり、
大切なことでさえも、この言葉によって
「 不要不急 」の一つにはめ込まれ、
やっぱりやめとこう。やめちゃおう。に
なってしまうことが多すぎて、
本当にこれでいいのか?と思ってしまいます。
 
百歩譲って、不急は次につながるので
希望が持てますが、不要は、次がなくなる。
無駄なものだということになり易く、
本当に不要であるのかをしっかり判別しないと
いけないと思っています。
             宮川  浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本歴代最高記録 #浜松
2020-08-18
歴代1位というと、いろんなところで
使われる言葉ですが、日本歴代最高気温を
静岡県浜松市で記録されました。
 
その温度、なんと41.1℃
グーグルマップのストリートビュー機能で
調べた浜松の観測所で記録されました
 
この写真の撮影は2016年10月のようですが、
このような芝生の上にある観測地点での計測で、
この気温41.1℃。
 
ということは、その他の場所なら
50℃到達も不思議ではありませんね。
危険な暑さです。
 
この言葉から、
熱中症予防にエアコンで温度を下げる。
これはもう、多くの人が認識しているかと思います。
エアコンは命を守る必需品として認識されています。
 
この日本歴代最高気温の記録を見ながら、
「 ヒートショック 」
伝えることが必要だと再認識した私。
 
温度が健康を脅かすことがあることを
しっかり冬本番に向けて伝え続けていくことが
必要であると思っています。 
           宮川  浩
 
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651