山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
https://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

毎日更新! スタッフブログ

 
フォーム
 
プロとしての心構え
2013-02-08
わたしたちは危険物を取り扱う仕事であるので、
プロとしての自覚を常に持つように心がけておりますが、
それだけでなくお客様との会話の中で、普段困っていること、
気になることをお聞きしてアドバイスができるように
スタッフ一同努力するようにしております。
 
巷ではインターネットに始まる情報が充実し、私たちよりも
詳しいお客様も沢山おられますし、その研究心たるや関心いたしますが、
やはり私たちにとって自信をもってお客様に言えることは
 
「 実際に現場経験している 」ということです。
 
何事も知識や仕組みはもちろんのこと重要なのですが、
実際にいろんな経験を経て、
その経験を元にお客様に提案させていただいているという事が
なによりも強みだと思っています。
 
やはり大切なお金を頂戴し、その対価として商品やサービスを提供する。
お客様がそのサービスが高いと感じるか、安いと感じるかが
私たちプロとしての真価が問われることだと思います。
 
「まだまだ山久だめだな~から
 
「なかなか山久いいね!」と皆様に喜んでいただけるよう
 日々コツコツと努力していきたいと思います。
 
その為にはスタッフがより多くの経験ができるよう皆様から
ご指導いただくことが一番だと思っています。
叱咤激励から学ぶ事が、スタッフ一人ひとりを飛躍させ
またお客様にプロとして恩返しできる源だと思うのです。(中野店 HM)
 
 
 
 
灯油の値段が・・・
2013-02-07
じわりじわりと上昇を続ける灯油。
 
当社でも取り扱っており、このじわりじわりの上昇感はかなり
イヤなムードです。
 
灯油の価格は原油価格を指標とした価格で決定されますので
原油価格が上昇すればそれに比例して仕入れ価格も上昇します。
 
皆様もご存知のように、最近では急激な円安になり、
さらに輸入価格を押し上げている要因になっております。
 
為替というものが働いている以上、こればっかりは避けられませんが、
 円 安 ・・・ 輸出企業に恩恵があるということで
 
輸出関連企業が潤い⇒投資が増え⇒給与が上がり⇒消費が増える
さらに消費が増えて⇒企業が潤い⇒ この景気上昇サイクル。
 
景気がよくなることはいいのですが、給与が増えたからといって
「 灯油なんかいくら上がっても平気さ~ 」という人はいませんよね。
 
「しょうがないなぁ~ でも財布の中は暖かいからまぁいいか~」と
景気がよくなればいいのでしょうが、現実はそうは思わないのでは?
 
どちらかが良ければ、どちらかが悪い。 
このバランスはいつになっても水平にはならないのだと思いますが、
余りに急激なシーソーゲームだとケガをしかねませんよね。
 
子供のころに遊んだシーソーだって
お互いの呼吸があわなければ上手く動かす事も難しいように、
やはり相手の動きをよく観察していないと、自分だけ好きに動きたくても
いい動きはできませんよね。
 
景気や為替のシーソーゲームはバランスよく、
スムースに動くことを願いたいですね。(中野店 HM)
 
 
ロックオン!
2013-02-06
毎日毎日、いろんなことが起きますが、
今回のレーダー照射は国によって大きく捉え方が違うようです。
 
映画なんかで良く見ますが、レーダーで相手を迎撃するために使うレーダー。
タイトルにもある「 ロックオン 」されるともう後はボタン一つで攻撃完了。
後は勝手にミサイルが飛んでいくという訳です。
 
一つ間違うと戦争勃発の引き金となるのですが、日本の対応は
「 事実関係を確認してから・・証拠を固めるため・・・ 」と
相当の時間を費やしたようですが、結果直接の攻撃はなくて良かったですが、
今後しっかりと関係各国も巻き込み、騒ぎ、抗議をしてほしいと思います。
 
今回のレーダー照射。
きっと他国であれば、照射された時点で先に攻撃をしかけるだろうと思います。
 
「あいつ、これから撃ってくれかもしれないけど、
 本当に撃ってくるのか確かめないと・・・・ 
 もしかしたら間違いかもしれないし、ちょっと聞いてみて?」
 
そんなのんびりしていたら、先にやられてしまうので
大勢は「 照射=攻撃 」とみなし、迎撃することでしょうね。
 
こんなに物騒な事が起きているのですが、
緊迫感が足りないような気がするのは私だけでしょうか?
 
ちょっと突かれて、あたふたしていることを嘲笑いされることも
あるかもしれませんが、ここはドスンとしっかりと腰を据えて
「 ダメなものはダメ 」と主張すべき時なのだと思いますね。
「ごめんね~ 間違えちゃった・・ 」じゃ済まないのです。(中野店 HM) 
 
 
 
 
 
 
 
おすすめは何?
2013-02-05
先日でかけた居酒屋でのこと。
 
注文を取りにきた店員さんに最初のオーダーをする際に
私  「 おすすめのお刺身を4人分で適当にお造りでお願い!」
店員 「 あの~刺身4種盛り4人前というのがあるのですが・・・
     それでよろしいでしょうか? 」
 
私はそのときおすすめ・適当という言葉がその店員さんを混乱させたのか
4種類なのか、5種類なのか、いや舟盛りのようにすればいいのか
迷ったのかな?とも思いましたが、そこはパスして
 
私  「 おすすめの焼き魚は何があるのかなあ? 」
店員 「 そちらにある今日のおすすめに書いてありますが・・・・ 」
私   おすすめを言ってくれればいいのに・・・と思いながら
   「  じゃあ ほっけで  」
 
私  「 おすすめの日本酒なにかあるかなあ? 」
店員 「 そちらにあるリストを見ていただきたいのですが・・・・」
私   えーっ おすすめを言ってくれればいいのに・・・・と思いながら
   「  じゃあ ○○を冷やで  」
店員 「 あの○○の冷やはボトルになってしまうのですが・・・・」
私  「 あ・・・いいよそれでお願いします ・・・ 」
 
このやりとりを上手く伝えられるかわかりませんが、
私は おすすめ を聞きたいのです。
 
店員さんはプロなのですから、
「 今日はこのお魚が入ったので美味しいですよ 」とか
「 辛口が好きなら、○○がおすすめですよ 」と言えるだろうし、
たとえお酒が飲めなくても、「 ○○がとても人気ですよ 」と
 言えると思うのです。私も営業をしている癖でついつい
 店員さんの対応を興味深く見てしまうのですが、
 「 じゃぁ それで 」 とか
 「 そのおすすめにするよ 」 とお客様から言っていただければ
 勧める方も嬉しいはずなのに・・・・と思ってしまいます。 
 例え、それがアルバイトの店員さんでもしっかり案内できる人は
 ちゃんとできるのですがね・・・・。
 
 私たちもお客様に 「何かおすすめは?」と聞かれた時に
 「 カタログでお好きなものをお選びください 」でなく、
  「 お客様でしたら、こちらがおすすめですね。 
    きっとこれをお使いになれば快適ですよ 」という様な
  プロとしての提案をしたいですね。  (中野店 HM)
 
 
 
世界一のワインをめざして
2013-02-05
皆さんこんにちは。
お酒は弱いのに、ワインがおいしくて飲み過ぎてしまい、苦い経験のある
MYです
 
さて、長野県はワイン用ブドウの生産量が全国1位(2010年)
だというのはご存知でしたか?
信州はワイン用ブドウの生産に適した気候なんだそうです。
小規模なワイナリーの開業を目指す人が増えていて、県では
「信州ワインバレー構想」として、ブランド力を高めつつ、ワイナリー
の開業支援にも力を入れる方針とのことです。
(2/3 信濃毎日新聞 経済面より)
 
本社のある須坂市のお隣・高山村でも、村で第一号となるワイナリーの開業を
目指している方・湯本さんがいらっしゃいます。
私が一方的に存じあげている方なのですが、こういったお仕事をされているとは
知らなかったので、記事を読んでびっくりしたと同時に、よーく目を通しました。
 
高山村は2011年に、国から「ワイン特区」の認定を受けたことにより
醸造免許に必要な年間醸造量の要件が緩和されたそうです。
開業希望者向けの講座には約230人が参加したそうで、関心が高まって
いる裏付けにもなりました。
 
ただ、個人がブドウ栽培から始め、ワイナリーを開業するまでには、資金が
必要で、民間金融機関からの借り入れは難しく、課題とのこと。
民間でできない支援を行政で担うというのも構想実現の為に必要になってくる
ようです。
 
私の実家でもぶどうを作っていますが、ワイン用ぶどうにも適していたなんて
知りませんでした。
ワイナリーを開業したい方から見たら、宝のような土地なんだろうな~と思うと
なんだか誇らしく思えます
「長野がフランスのブルゴーニュと肩を並べるのも夢じゃない。」(湯本さん)
ですってよ! みなさん!
 
湯本さんはじめ、ワイナリーを開こうとしておられる皆さんを、地元の者として
応援していきたいです。
夢があって、それに向かってがんばっている姿は素敵ですね!
 
スポンサーになっちゃいます?
配当がワインなんていうのもいいかな~
あ~でも、おいし過ぎて飲み過ぎちゃったらどうしよう(妄想中…)
 
なにはともあれ、地元が元気になるのはうれしいこと。
未来のワイナリストさん達を応援してます!
がんばって夢を叶えて下さいね            (本社 MY)
 
 
 
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651