山久プロパン株式会社|LPG|ガス器具|灯油|燃焼器具|住宅設備機器|上下水道工事|長野県須坂市|長野県中野市

qrcode.png
https://www.yamakyup.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山久プロパン株式会社
<本社>
〒382-0028
長野県須坂市臥竜6丁目24-8
TEL.026-245-0731
FAX.026-245-0651

▶アクセスマップはこちら

<中野店>
〒383-0022
長野県中野市中央4-3-5
TEL.0269-22-2601
FAX.0269-26-0631
▶アクセスマップはこちら
──────────────────
・LPG製造販売
・ガス器具販売
・灯油、燃焼器具取扱い
・住宅設備機器の販売
・上下水道工事
──────────────────
 

     社長ブログ

 

     社長ブログ

     社長ブログ
フォーム
 
池袋暴走死傷事故の進展
2021-09-15
池袋の暴走死傷事故の裁判で、
運転していた被告が控訴しないという
報道がされ、注目の高さを感じます。
 
多くの命が奪われた今回の死傷事故。
二度とこのような事故が発生しないことを
願うばかりですが、
痛ましい事故は繰り返し発生しています。
 
交通事故がゼロになるようにこれまでにも
技術の進歩に伴い、安全装置も増えてきましたが、
完全にゼロになる為に、
今後どれだけの時間がかかることでしょう。
 
自動ブレーキなど、
少し前では考えられなかった技術も
今では採用されている車も増えてきています。
1台1台の積み重ねをしていくことで、
1人でも多くの人の命を守る。
その為に、さらなる技術の集結と
それを採用させる推進を国をあげて
してほしいと思います。
            宮川  浩
 
会期延長でチャンス延長
2021-09-14
先日もブログでアップした
本社のある須坂市の
須坂版画美術館で開催されている、
夭折の銅版画家清原啓子
 
その会期が当初来週の9月20日までだったのですが、
会期が10月10日まで延長されたという情報を知り、
 
より多くの方に観ていただけると思い、
再度アップしたいと思います。
初めてこの作品を観た時に、そこに込められている
その思いがこちらにも強烈に伝わってきて、
本当にこんな作品が人間てできるんだと感心しきり。
 
魂がそこにあるといった感覚というか、
こういった作品を観ると芸術って
本当に心の中に浸み込んでいくのがよくわかります。
 
何かを観て、そこから何かを感じ取る。
そういったやり取りが美術館はとてもいい場所だと思います。
 
是非とも会期延長でチャンス延長です。
須坂版画美術館に訪れてほしいと思います。
             宮川  浩
 
 
 
東京のタクシー事故
2021-09-13
東京の路上でタクシーが歩行者などを死傷させた
痛ましい事故が発生し、その状況を見る中で、
多くの被害者が出てしまったことに
プロであるタクシー運転手の状況が
まず気になりました。
 
運転手はくも膜下出血の診断をされており、
それが起因となり、
暴走してしまった事故と推察されます。
 
タクシーに轢かれてしまった
被害者のご家族の方々の心境も
相当な重圧であると感じるのと同時に、
そのケアについてフォローをして欲しいと思います。
被害者であるにも関わらず、別な意味での
プレッシャーを感じることもお気の毒でなりません。
 
交通事故は何一つ、いいことはありません。
今回の事故からよりその思いを強く感じます。
被害に遭われてしまった皆様にお見舞いを申し上げると同時に
犠牲になられてしまった方のご冥福をお祈りしたいと思います。
                   宮川  浩
 
スマートフォンが壊れる
2021-09-12
電話だけでなく、
多くの機能を搭載しているスマートフォン。
いざ、それが壊れると大変なことになります。
 
そのスマートフォンが壊れると、
何が一番困るかというと、データ。
大切な連絡先だったり、
写真を撮影したり、
メールのやり取りの記録もあったりします。
そんな大切なスマートフォンが
先日急に充電できなくなり、
みるみるうちに電池がなくなって
バックアップも間に合わなくなって
一部データが消えてしまう事態になってしまいました。
充電ケーブルを変えてみたり、
いろんな方法を試しましたが、
結局は本体の接触が悪くなって損傷。
修理する形となりました。
バックアップももちろんですが、
こういった機械は計画的に入替が
必要であるのはわかっているのですが、
そのタイミングは難しいものです。
皆様も私のように、困ることのないように、
定期的なバックアップをお勧めします。
           宮川  浩
 
見えない恐怖
2021-09-11
2002年9月11日
アメリカ同時多発テロが発生し、
多くの方々が一瞬にして犠牲者となり、
それと同時に次のテロに対して
恐怖を覚えた事を思い出します。
 
このテロ以降、
その首謀者を匿ったタリバンを
制圧させるためにアメリカは
アフガニスタンを侵攻し、
それ以降再興に向けて多くの労力と
資金を投入しましたが、
撤退の様子を見ると
これまでの行動を
歴史はどう評価するか気になります。
 
このテロによって見えない恐怖を
知ることになり、そしてその恐怖は
世界中を不安に陥れることも知りました。
 
いつ起きるかわからない恐怖。
それが一部の主義主張を通す人物によって
実行されるのであるのであれば許されません。
それがテロであり、許されない理由であると
毎年9.11を迎えると強く思います。
                宮川  浩
<<山久プロパン株式会社>> 〒382-0028 長野県須坂市臥竜6丁目24-8 TEL:026-245-0731 FAX:026-245-0651